うつ病は初期の症状でも自殺願望が出てしまう病気ですから、普段とは違うという気分が長く続くときには病院に行ったほうがいい

うつ病は初期の症状でも自殺願望が出てしまう病気

うつ病は気合いを入れて治すと考えるのが一番悪いと言われています。

だらだら治すのがうつ病のポイントです、仕事や生活でもそれは同じです。

きちんと生活しないということがうつ病をよくする秘訣だと言われているからです。

だらだらしていると、自分には存在価値がないんじゃないかと思ってしまうのですが、そんな気分こそうつ病という病気の怖いところなのです。

うつ病は初期の症状でも自殺願望が出てしまう病気なのです。

ですから、普段とは違うという気分が長く続くときには病院に行ったほうがいいのです。

うつ病と診断されたら、まわりの人に隠すのはよくありません、まわりの人にもうつ病について出来るだけ理解してもらうことが大切だからです。

必ず治ると信じて、お医者さんの指示をまもってだらだらしましょう。

外に出掛けられるようになったら、日光浴をかねて散歩から初めてもいいのです。